アトピー


マクロビしてたら、アトピーとは無縁と思っていた、そんな矢先でした。

去年の12月から子供の保育園が始まりました。

1月の始め頃から子供がアトピーになってしまったのです。

家での食事はマクロビ中心だったので

なぜ、この子がアトピーにと悩みました。

保育園の給食は、最初はマクロに固執せず

なんでも食べさせてみようと思ってたのですが

(その後、アトピーのこともあり、お弁当をお持たせに変更!

先生にお弁当持たせたいと言いにくかったので、おかげさまで良かったかも)

3月に結局、保育園を辞めたのですが、

保育園を辞めてから、症状も良くなり、6月くらいにはお肌も回復。

夏は塗り薬(漢方薬なのでステロイドではない)を塗らなくても

肌のことを心配せず生活できるようになりました。



アトピーの子供、患者さんの辛さが本当によーくわかりました。

街を歩けば、道行くおばさま達から”可哀想。。。”と話しかけられ(泣)

そう言われると、余計悲しくなるからやめて。。と思いながらも。。


子供がアトピーになって

この機会にアトピーについて勉強!と思い

アトピーに関して有名な病院に行きまくり(オタク気質です)

先生のお話、食事指導など徹底的に知りました。



平塚の有名な皮膚科の先生から聞いたお話だと

食事も大事だけど、環境からの影響もあるとのこと。

PM2.5の影響、大気汚染などの影響かなと。

丁度12月から5月までがピークだそうです。(その時期に発症!)

外遊びもさせない、洗濯物は部屋干し、また洗剤も注意すること

との先生の意見はとても参考になりました。

また、家でマクロビオティックをしているので、というお話をしたら

無理にステロイドを勧めず、亜鉛華軟膏を処方してくださって

適切に対応してくださいました。



通い始めた保育園では風が通る坂の上にあり、

毎日のように砂場遊びだったのでPM2.5の影響はかなり強かった。

そして施設自体が古いのでハウスダスト、

園児の布団を入れる押し入れみたいなところも

カビくさかったみたい。

家でのエアコンの使用や畳の上の絨毯などもよくなかった。

など原因と思われるものは様々。



近所の皮膚科に行ったら

当たり前のようにステロイド処方で、

ステロイド以外の薬はないとお医者さんの意見を信じて

ステロイドをおそるおそる塗ってみる。

さーっと炎症が治る。

塗らないと、またぶり返すの繰り返し。

しかも、塗っている私の指が

異常にツルツルとして気持悪い。。

ステロイドを使わないで治す方法はないのかと思い

いろんな病院を模索しました。

ある病院ではステロイドよりもおそろしいと言われている

プロトピックの治療の話もでました(こわっ。。)

現在は熱海にある病院で漢方薬の治療、

先生オリジナルの塗り薬の治療

(正露丸のような匂いがしますが(;o * )/

とても効きます)に落ち着きました;)

そこの先生は、食事指導でかなり怒られている

ママさんが沢山いるらしいと噂の有名な先生。

私も、怒られるかなーっとドキドキしながら、行ってみたら

食事のことに関しては、何も指導されずでした。

怒られるの楽しみにしてたのにーー。。

ってマゾ気質ですいません。。



おかげさまで、半年でお肌はツルツルに戻って

頬にスリスリと頬ずりができる毎日。

求めれば、必ず道はある!と確信できる出来事でした。



子供がアトピーになって良い出会いは

お米との出会いでした!

我が家では

ゆきひかり、ササニシキ系を食べるようになりました。

コシヒカリ系はたまに頂くみたいな感じになりました。



ササニシキの美味しさを知ってしまった!!?!?!?!

お寿司やさんで食べる、あのさらっとした味覚のお米です。

美味しくて、幸せな気分になります。





アレルギー米で有名なゆきひかりも美味しいです!

家では玄米で注文していて、家の精米機にかけて

ぶつき米で子供に食べさせます。

玄米炊きにして食べても美味しいです。



アトピーのおはなしは、またまた次回に続きます。


コメント

人気の投稿